手続きの流れ

親権の問題

父母が未成年の子を一人前の社会人となるまで養育するための親の権利義務の総称です。  
親権には、身上監護権と、財産管理権の2つの権利が含まれています。

・身上監護権
 子どもの身の回りの世話をしたり、しつけ、教育をすることです。

・財産管理権
 子供に代わって財産を管理したり、法律行為(契約など)をすることです。

離婚の際、親権者が決まらないと離婚はできません。

親権について

親権の決め方

(1)当事者の話し合い(協議離婚)

(2)当事者の話し合いが成立しない場合は、家庭裁判所へ親権者を定める離婚調停(調停離婚)または離婚訴訟(裁判離婚)の申立をします。

(3)離婚調停でも成立しない場合は、ただちに家事審判手続きに移行し、家庭裁判所が親権者を決めます。

但し、離婚後に親権者を変更する場合には、お互いの話し合いで決められるものではなく、必ず家庭裁判所に親権者変更の調停または審判の申し立てをしなければならないことになっています。ということを考えれば、離婚時に決める親権者は、後で変更がしづらいので慎重に決めなければならないともいえるでしょう。  

親権者を決める基準

家庭裁判所で親権を決定する場合に、親権者を決める基準として考慮されている事情はありますが、法律で明確に定められいるわけではありません。   
父と母どちらが育てる事が、子供に利益があり、幸せな生活ができるかを考慮していますので、親の都合では決められません。   

大きく分けると、子供の面倒を見る時間、お金、子供の意思、これまでの生活実績といったポイントが親権の行方に大きく関わってきます。調停や裁判になれば条件が揃っている側が有利になります。   

乳幼児の親権を父母で争うことになった場合、母親に認められることが多くなっています。
それは、一般的に母親のほうが子供に接している時間が長く、子供が小さいうちから母親と引き離すのは、子供の利益にならないと考えられているからです。   

あくまでも重要視されるのは、子供の利益のようです。

親権者にならなくても、監護権もある

子供を引き取る為の通常の方法は親権者になる事ですが、親権者にならなくても子供を引き取る方法があります。  
それは、父母の一方を親権者、他方を監護者とすることです。  
先にご説明しましたように、親権とは、子の身上監護権と財産管理権から成り立っていますが、親権から身上監護権を切り離す事ができます。  

監護とは実際に子供を手元において育てる事です。未成年者の財産管理の必要性はほとんどありませんから、そういった意味では、親権という名を捨てて、監護権という実をとる方法も可能です。

面接交渉権

 離婚後、親権者または監護者にならなかった方が、子どもに面会したり、一緒に時間を過ごしたり、文通することを面接交渉と言い、その権利を面接交渉権と言います。

面接交渉権は、民法などの条文に規定された権利ではありませんが、判例や家庭裁判所の実務でも認められています。 但し、会うことで子供に悪影響があるような場合には、面接交渉は制限されます。

こんなときはまず、弁護士に相談しましょう。

・離婚することは決まったが、離婚前に親権について詳しく知りたい  
・親権が決まらないから離婚ができない  
・離婚して親権は譲ったが、子供が幸せに暮らしていない

法律的にどのような見解をしたらいいのか、話し合いをどのようにすすめればいいのか、どのタイミングで調停や裁判になるのか、何か必要な書類はあるのか・・・など、いざ自分がその場に置かれてみると、わからない事ばかりではないかと思います。 弁護士に相談して依頼をすると、親権の話し合い、調停や裁判の準備等、さまざまな活動をあなたに代わって行ないます。

ご料金案内

内容証明のみ

本人名義の場合:1万~3万円+消費税
弁護士名義の場合:3万~5万円+消費税

※事案・送付内容に従って定める。

交渉依頼

夫婦関係調整・養育費請求・財産分与請求等含む。  

弁護士費用の種類 金額
着手金 ①交渉・調停からのご依頼 315,000円 (裁判所費用実費は別途)
①で受任後、訴訟へ移行 105,000円  ①に加算されます。 
②訴訟になってからのご依頼 315,000円  (裁判所費用実費は別途) 
報酬 ①基本報酬 300,000円 ~(事例によって20万円~)+消費税
②成功報酬  経済的利益に応じて発生(旧弁護士会基準)。
①経済的利益が300万円未満:回収額の16%
②経済的利益が300万円~3000万円:
 回収額の10%+18万円。

  ※成功報酬はあくまで基準であり、依頼者の方と相談の上、決定いたします。

  ※控訴・上告する場合には、費用は別途発生します。

 

お気軽にお問い合わせください。(秘密厳守、初回相談1時間無料)
047-360-6700
メールフォームへ

※初回法律相談無料、1時間を超えた場合は2,000円(時間制限なし)。2回目以降は2,000円(時間制限なし。債務整理と交通事故は無料。)です。
 業務依頼になった場合には、相談料は無料です。

お問い合わせ

ご相談・ご予約電話 047-360-6700

予約フォーム(24時間受付中)

ちば松戸法律事務所

アクセス

ちば松戸法律事務所公式ホームページ

交通事故相談サイト

刑事事件相談サイト

相続相談サイト