子供の戸籍と氏

子供の戸籍と氏

離婚後の子どもの戸籍と氏

離婚をしたことによって、妻は、婚姻前の戸籍に戻るか、または別に新しい戸籍を作るか、どちらかを選択することになります。ところが、子どもの戸籍は離婚前のまま、つまり夫の戸籍に残ります。したがって、子どもの氏も離婚前のまま変わりません。

この点は、夫と妻のどちらが親権者になっても同じです。
したがって、親権者となった母親が旧姓に戻った場合、子どもと母親の戸籍と氏は異なることになります。なお、妻が離婚後も(新しい戸籍を作って)離婚前と同じ氏を名乗る場合も、見かけ上は子どもと同じ氏ですが、法律的には子どもと別の氏ということになります。

子どもの氏を母と同じ氏にするには

子どもを引き取った妻が、子どもの氏を自分と同じにして自分の戸籍に入れたい場合は、親権者となっていれば子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し子の氏の変更許可の審判の申立てをすることができます。そして、家庭裁判所から出た「許可審判書」の謄本と子どもの「入籍届」を市区長村役場に提出します。なお、子どもを自分の戸籍に入れるためには、自分で新しく戸籍を作らなければなりません。
したがって、この場合、妻は、旧姓に戻る場合であっても、実家の戸籍に戻ることはできません。

この審判は、母が離婚後の自分の戸籍謄本と、元の夫の戸籍謄本を添えて家庭裁判所に申立てをすれば、ほとんどその日のうちに処理されます。

しかしながら、母が親権者になっていない場合には、母の側からこの審判申立てをすることはできません。親権者である父の側からこの申立てをしてもらうか、あるいは、親権者変更の審判申立てを先にして、その許可を得てから、さらに同じように子の氏変更許可審判の申立てをすることになります。

子どもの親権者になっているかどうかは、重要なことです。離婚の際に親権者を決めるときには、子どもの戸籍や姓をどうするのかといったことまで十分に話し合っておく必要があります。
もっとも、子どもが15歳以上になれば、自分で自主的な判断をし、父母のどちらの氏を称するかを決め、自分で氏変更許可の審判を申し立てることができます。母が親権者であるかどうかは関係ありません。

離婚後も離婚前の氏を名乗る場合

婚姻によって氏を変更した夫又は妻は、原則として旧姓に復しますが、離婚後3ヵ月以内にあるいは離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出すことによって離婚前の氏を名乗ることもできます。

ただ、この場合も子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し子の氏の変更許可の審判の申立てをしなければなりません。

氏が変わらないのに「変更」というおかしいようにもみえますが、元の氏は“父の戸籍の上での苗字”であって、“母の戸籍の上での苗字”ではないので、申立てをして氏が変更されて初めて母の戸籍に入ることができます。

子どもが成年になったら元の氏に戻ることもできる

母と同じ氏に改めた子どもが成年になったときは、1年以内に市区町村役場に、戸籍法の定める届け出をすれば、元の氏に戻ることができます。この場合、家庭裁判所の許可は必要ありません。

お気軽にお問い合わせください。(秘密厳守、初回相談1時間無料)
047-360-6700
メールフォームへ

※初回法律相談無料、1時間を超えた場合は2,000円(時間制限なし)。2回目以降は2,000円(時間制限なし。債務整理と交通事故は無料。)です。
 業務依頼になった場合には、相談料は無料です。

お問い合わせ

ご相談・ご予約電話 047-360-6700

予約フォーム(24時間受付中)

ちば松戸法律事務所

アクセス

ちば松戸法律事務所公式ホームページ

交通事故相談サイト

刑事事件相談サイト

相続相談サイト